エコドラナビゲーター

エンジンオイルについて

エンジンオイルは、人体に例えると血液の役目を果たしています。つまり、栄養(エンジンオイル)を、エンジン全体に行き渡らせ潤滑する役目です。
血液との違いは、エンジンオイルは定期的に交換しなければならないことです。(クルマには腎臓がありません)
交換せずに使用しているとエンジンオイルに入っている栄養剤(さび防止、粘度維持等)が劣化して、エンジンオイルとしての役目が働かなくなり、最後はエンジンに大きなダメージとなります。
そのため定期的に、乗っておられるクルマに推奨のエンジンオイルへの交換と、エンジンオイルフィルター交換を定期的に行ってください。自動車を長持ちのために是非とも。
エコドラナビゲーターは、ついうっかりと忘れがちなエンジンオイル交換、エンジンオイルフィルター交換の時期を教えてくれます。

▲携帯の戻るボタンで、もとのページに戻ることができます

▲ページの先頭へ
トップページへ戻る

Copyright(C)2010 京都府エコドライブ普及促進事業