エコドラナビゲーター

自動車カタログの燃費表示が一部変更

2011(平成23)年3月末までは、自動車のカタログ燃費は10・15モード燃費で表示されていました。4月以降は、より実走行に近いJC08モード燃費表示と併記することになり、今後は2013(平成25)年3月からはすべてJC08モード燃費表示となります。

【変更理由】
自動車カタログ表示の燃費値と実走行の燃費値との乖離を少なくするために、JC08モード燃費の表示とする。

【測定モードに違い】
主な違いとして、?試験走行距離と試験時間が従来に比べて約2倍の測定?車速も実走行に近い車速(一般、高速)で測定?エンジンが暖まった状態に加え冷えた状態も追加測定。以上から実走行に近い状態での燃費を測定。

【燃費値がどれ位違うのか】
JC08モードが、10・15モードより約1割程度低い表示となる。

【JC08モードと10・15モードどちらを比較するのか】
JC08モードの方が、比較的に実走行に近い数値である。

【JCO8モードの完全表示】
2013(平成25)年2月末までは、併記されますが3月以降はすべてJC08モード表示となる。

参考:国土交通省
http://www.mlit.go.jp/common/000138007.pdf
▲携帯の戻るボタンで、もとのページに戻ることができます

▲ページの先頭へ
トップページへ戻る

Copyright(C)2010 京都府エコドライブ普及促進事業